軽バンのスペースを使い切る!今話題の車中泊向け軽キャンパー“オートワン給電くん”ってどんなクルマ!?

車中泊
軽バンのスペースを使い切る!今話題の車中泊向け軽キャンパー“オートワン給電くん”ってどんなクルマ!?

大人4人がゆったり寝られて普段使いも支障なし!
ソーラー付きで調理器具も使える約160万円からのコンパクト車中泊モデル

AUTO ONE/給電くん
問:オートワン 0466-47-1300
http://www.autoone.co.jp

ここ数年、ファッションやギアも含めた空前のアウトドアブームが続いている。クルマ業界でもそのブームは広まり、車中泊という言葉が定番化。車中泊ができるRVパークというスポットも年々増え続けている。キャンピングカーへの注目度も高まっているが、トラックベースの本格的なキャンピングカーは、あくまでもレジャーに使うクルマであって、普段乗りには向かない。駐車場や懐事情を考えると、なかなか2台持ちというわけにはいかない人も多い。そこで今注目されているのが、普段は日常の足としてしっかり使えて、週末は車中泊を存分に楽しめる一石二鳥のライトキャンパーだ。
神奈川県藤沢市に店舗を構えるオートワンは、そんなライトなモデルをラインアップする軽キャンパー専門店。車内の家具やポップアップルーフなどほぼ全ての架装を自社で行う国内製造のビルダーで、クオリティが高く安心できるブランドとして、多くのキャンパーに支持されている。
人気のモデルは今回紹介する「給電くん」。その名の通り、電源確保にこだわった仕様で、ソーラーシステムや走行充電機能付きのサブバッテリー、700Wのオリジナルのインバーターを標準装備。オプションの100Aサブバッテリーと2000Wインバーターに変更すれば、電子レンジとドライヤーを同時に使えるほどのスペックを持つ。

ベースとなるのは、スズキ・エブリイ。登録は4ナンバーの軽自動車なので、自動車税は5000円、車検は2年毎とおサイフに優しく、乗車定員は4名。普段は前後席をノーマル車と同じように使え、就寝時は後席を倒して付属の就寝マットを敷き詰めれば、1980×1260ミリと大人2人が十分に寝られるスペースが出現する。ポップアップルーフを使えば、プラス2名の就寝も可能だ。車内は質感溢れる深みのある木材を多用した作りで、落ち着きのあるお洒落な空間。使用する木材は、ヨット用の木材で、耐久性が高く、歪みにくい超軽量素材。重量物の配置にも配慮し、車重増による走行性能や安定性の低下を抑えている。
気になる価格は、ポップアップルーフなしであれば159万8000円〜、ポップアップルーフ付きは214万8000円〜。車中泊ができる装備がひと通り付いていて、この価格はかなりリーズナブル。ベース車のグレードも様々選べ、さらに快適性や利便性を高めるオプション装備も豊富。給電くんであれば、必ず自分が求めるライトキャンパーが実現できるはずだ。

給電くん・ポップアップルーフ付き
http://www.autoone.co.jp/kcamper/detail_15.htm
 
給電くん
http://www.autoone.co.jp/kcamper/detail_14.htm

#オートワン給電くん
#軽キャンパー
#スタイルワゴンドレスアップナビ
#軽バン
#車中泊
#車内泊
#オートワン
#スタイルワゴン
#スタワゴ
#ドレスアップナビ
#ドレナビ

タイトルとURLをコピーしました