車中泊のマットの選び方について徹底紹介

スポンサーリンク

車中泊に最低限必要なものとして、車中泊における寝床があります。
そこで今回は車中泊におけるマットの選び方からオススメの商品をご紹介します。

車中泊のマットの選び方のポイント

車中泊のマットのサイズ感

車のスペースに合わせて適切なサイズのマットを選ぶことがまず大事です。
サイズをはかるのも意外と難しく、スペースが空きすぎるとズレて問題ですし、
ギッチリとマットを敷き詰めると破損の原因となります。
また、はじめたての人が気づくポイントとしては、車内は意外と凸凹や隙間が多く、
自分の車に合った車中泊用のマット選びは簡単でないです。

車中泊のマットの厚み

2つ目は車中泊で使うマットの厚みです。
これは1つ目で挙げた隙間なく埋める点に加え、普段使っているマットレスや布団の厚みを加味して選ぶといいです。
自宅で置きっぱなしのマットレスと違い、車中泊で使うものは厚みを計算しなければなりません。
もちろん分厚いのはそれなりに快適に過ごせますが、設置する時に非常に大変なことがデメリットとなります。
薄ければ薄いほど軽量で持ち運びや運搬が楽ですが、やはりここは保温性等の快適性が失われてしまうため、自分はどっちが良いのか(どっちが苦痛でないか)をまず考えてみましょう。

車中泊マットの材質

3つ目は材質です。2つ目と連動してくるところですが、この材質によって重さや快適性、そして費用がかわってきます。
アウトドアと連動させたい人はそれに合った材質を選ぶ、まずは安く始めてみたいなど、
自分の目的に合わせて選ぶことが大事です。

車中泊マットの保温性や通気性

材質がそのままイコールですが、ここはかなり重要なポイントです。
夏場は通気性が重要視され、冬場は保温性がよく気になるポイントです。

車中泊マットの価格

やはりここが重要です。
どれだけ良いものや欲しい物が高くても、予算オーバーの場合は選択肢として外れてしまいます。

おすすめの車中泊マット

車中泊マットを選ぶ際のポイントを紹介しました。その中でもオススメの車中泊マットを紹介。

車中泊専門店が開発!究極の寝心地が実現できる「オンリースタイル 車中泊専用マット」


「車中泊専用マット史上 最高品質」というキャッチコピーで販売されている商品です。
やはりその出来もあり、公式サイトや楽天市場などで多数のレビュー掲載あり!

プロアングラーも愛用の収納性抜群の車中泊マット!


「自然に膨らむ」「暑さ10cm」というスペックな圧倒的収納性の車中泊マットです。
プロの釣り人も愛用している商品で、アウトドアユーザーはもちろん、
釣りが趣味の車中泊ユーザーにもオススメです。

車中泊マットを自作?!

基本的には自分の車種に合った車中泊マットを購入するのですが、思うように欲しい物がなかったり、
相当の経験者はマットを自作するパターンがあります。

マットの自作について

Coming Soon・・・

車中泊マットの代用品

車中泊マットを購入するケース、自作するケースを紹介しました。
ただし、購入するにも金額が高かったり、自作するにもスキルがなかったりと難しいパターンがあります。
そんな中、まずはお試しで代用できるものを紹介していきます。
Coming Soon・・・

タイトルとURLをコピーしました